象徴主義 ピックアップ名画

象徴主義画家一覧

シャヴァンヌ(1824-1898)フランス/物語風の伝統を受け継ぎつつ、自然の風景と人物像が調和した独自の作風を作り上げ、後の世代に大きな影響を与えた。フランスに留学した日本人画家が多数そのアトリエを訪れたことも知られる モロー(1826-1898)フランス/神話や聖書だけでなく中世のタペストリーやインドの彫刻、東洋美術や浮世絵などからイメージを受け、斬新な世界を作り上げた象徴主義の先駆者 ロセッティ(1828-1882)イギリス/表現は徹底して写実的、鮮やかな色彩を多用したラファエル前派を代表する画家 ミレイ(1829-1896)イギリス/人間の美徳にロマンスを巧みにからめ、大衆に圧倒的な支持を得た大人気画家 バーン=ジョーンズ(1833-1898)イギリス/中世のイメージを使用したロマンチックな絵画、耽美主義の先駆的画家 ルドン(1840-1916)フランス/不確かな夢や無意識の世界に踏み込んだ作品を多く発表、50歳を過ぎてから鮮やかな色彩を用いるようになる ボナール(1867-1947)フランス/ナビ派の画家、室内情景などの身近な題材を好んで描いたことから、エドゥアール・ヴュイヤールと共にアンティミスト(親密派)と呼ばれている ドニ(1870-1943)フランス/絵画の平面性に注目した画家の1人 ビアズリー(1872-1898)イギリス/悪魔的な鋭さを持つ白黒のペン画で鬼才と呼ばれる

各画家の代表作品

オフィーリア(1852)ミレイ/丹念な自然描写と豊かな文学性 娘たちと死(1872)シャヴァンヌ 出現(1876)モロー/作家の名を不動のものにしたサロメ プロセルピナ(1873-77)ロセッティ/男性の運命を狂わす女(ファム・ファタル)の先駆け 黄金の階段(1876-1880)バーン=ジョーンズ サロメ(1894)ビアズリー セザンヌ礼賛(1900-1901)ドニ 逆光の裸婦(1908)ボナール キュクロプス(1914)ルドン/幻想世界を鮮やかに描いた
PAGE TOP